読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポアントと100均

バレエ

ポアントの準備をする動画はわくわくする!

有名なものだと各国バレエ団が公開してるこれとか


En Pointe!

これとか。


Pointe | 2016 | The National Ballet of Canada

 

それと同じ感じの記事を、先日見てたサイトから。

Four Ballerinas and Their Pointe Shoe Rituals - Dance SpiritDance Spirit

 

 

二度とやらないと誓ったプラットフォームかがり、ついに再挑戦してみました。

というのも、最近床が滑ってしょうがない(のが気になってしょうがない)から。

100均で補修用針セットとレース糸を買ってきて、全面縫ってやりました。

 

参考にしたのはこちらの動画。こんなに細かくやれなかった。


How to Darn Point Shoes part 1

 

今まではプラットフォーム用の皮を貼ったり、サテンを切り取ったりして履いていたのですが、他の方法も色々試してみようと思ったので今回のこれ。

結果は、お稽古場のフローリング床では、やっぱり滑ってしまいました…

雑巾を踏みしめると、サテンのままよりは水を吸って若干マシかな?という程度。

 

100均のカーブ針は少し大きめなので、もしかしたら手芸屋に売っている同様の針の方が少しだけ値段が上ですがコンパクトで扱いやすいかもしれません。余計なものもあまり入ってないし。

 

検索したところによるとフローリング床にはガムテープをトウ先に貼るのがいいとか目から鱗な情報もありました。こっちは本当に滑らなかったんだけど、レッスンが終わる頃にはぼろぼろになって、剥がすと粘着が少し残っちゃって。ちょっと残念でした。

だけど効果があったので、またやってみるかも知れないです。

 

 

ところで買い物に行ったダイソーでは足の指と指の間に挟むクッションが売っていました。

キャンドゥには指にかぶせるタイプのクッションも売っていたとかいるとか…?小さい短い筒状の指サックで代用している人もいるようです。

靴用乾燥剤もありましたし(私はこの商品の存在に気付かないで箪笥用を買ってしまった)、パンプス用滑り止めも何かに使えるかな?と思いました。

ちなみに耐震マットは想像してたより粘着力が強くて、一度なんとか形を整えてトウ先に詰めてみたもののレッスン後剥がすのが大変だったというこれまた失敗策。中のキャンバス地が剥がれかかったよ…

 

瞬間接着剤は現に100均のものを使用していますが、経済的じゃない気がするので、容量の多いものを他所で探してみたいなと思っています。

ニスや瞬間接着剤については色々情報を集めたいし試してみたいことがまだまだあるのでそのうちまた書きたいです。

 

しかしまあ、あれもこれも使えそうかも、ってものが色々あるものです。たかが100円といえど色々積み重なればそれだけの額になりますし、それより何よりもしダメだったときにごちゃっと色々ものが増えるのが怖いので(現に増えつつある)、実践はまだまだ先になりそうです。

4.自分向きポアント探し(下調べ)

バレエ

もう長いことポアントの種類を変えていなかったんですが、次こそは新しく試してみようかな、と日々検索を繰り返していました。

本当はお店に行って合わせながら探すべきなんでしょうけど、手元にまだ履けるのが何足かあるので実際買いに行くのは先になりそうということでこうしているのですが、これもこれで結構楽しいです。

 

こんな海外のページを見つけました

Pointe Shoes for Every Foot Type - Dance SpiritDance Spirit

足の形タイプごとのオススメシューズをこんな風に紹介してるくれるのはありがたいですが、どのシューズも日本ではあまり取り扱いがないです。

 

英語では足の形のタイプをこんな風に呼び分けるらしく

Learning Your Foot Type- For The Best Pointe Fit - REMEDIALBALLERINA

私の足はスクエア型というより、親指から中指までの長さが揃っているという

"Peasant Feet"なのかな?

でもよくよく見ると薬指まで揃っている気もするし、若干親指からなだらかに斜めに短くなっていっているような気もするし、完璧に分類するのは難しいです。

 

そしてさらに

Peasant型向けのポアントを紹介しているページや

Pointe Shoes for Giselle Feet – Pointe Shoes Online - Pointe Shoes Online

 

パーツごとのタイプを選択していくと候補を絞ってくれるページなども。

Pointe Shoe Finder – PointePerfect.com

 

 

まあ大体見当はついているんですよね。

 

私の足のタイプをまとめるとこんな感じです。

指は短く、長さが比較的揃っている=スクエア型

足全体が先の方に向かって広くなっている=幅広、先広

若干ほんのちょっと外反母趾気味

薄く甲が出にくい(おまけに足首も固い)

 

そして私の求める条件

価格が高すぎない(=フリードとゲイナーは除外)

できれば持ちが良い方がいいなあ…

 

では、機会があったらお店で見てみようかな…?程度ですが目星をつけているポアントを挙げていきます。

 

【Bloch】

厚みのあるものや先の細いもの以外は合いそうな気がする。

SynergyやB morphなんかは某ショップのカタログに耐久性の文字があったので気になる。

Mirellaはブロックの姉妹ブランドなんだっけ?

【Sansha】

505(Etudes):202と比べてヴァンプが短いから。取り扱ってる店が少ないのがネック

姉妹ブランドのF.R.Duvalも同じく

【Grishko】

履いている人をあまり見たことがないくらい幅広のElite、厚みが合うか心配だけどMaya1やTriumphのフェッテ系、正直細そうだけど2007系の中でも広いと言われているNovaが気になる。

【R Class】

まだ特徴がつかめていない。ポレットは絶対無理なことだけは明らか(この間試したけど足が引っかかって入らなかった)

追記:Rクラスのシューズの選び方ページ見つけました。

Pointe Shoes: Finding The Perfect Fit

 

↑価格的にこの辺で収まると助かる

↓寿命によっては手を出したくない

 

【シルビア】

フロリナ

チャコット

オデット:店頭で見たとき見た目がセレナーデと似ていると思った

【Gamba】

93,97

Repetto

バヤデールって取扱どうなったんだろう?もうやめたところとまだあるところがある…?

【Merlet】

パフォーマンスって廃盤?

 

余談

ロダンサーたちの使っているシューズを紹介しているこのページ、足の特徴もそれぞれ書いてあるのだけれど、あっさり表現されていてなんだか感心した。

My Perfect Shoes - Dance SpiritDance Spirit

夏になるとグラスリップが見たくなる

アニメ

放送からもう2年。

何かと酷評されがちなこのアニメですが私は大好きです。

たまに感想を検索してみたりしましたがネットの意見はまあ厳しいものばかり…

反論やとても役に立ちそうな深い考察も見かけますし、今でも好きで語っている方もおられるようでとても嬉しいのですが、私はこのアニメを気に入った人にとってのもっと感情っぽい普通の感想もまだ沢山知りたいなとも思います。

なので私は役に立たない、ただ見て受け入れたままの頭の悪い感想を書こうと思いました。

 

まずこのアニメはこれと言って大きく動く物語があるわけではなく、夏休みの青春の1ページを切り取った、という感じのものです。

それでも一応何が起きていたかというと、

仲良し男女5人組(一見問題がなさそうだが、実は危ういバランスで保っていた)の元に駆がやってくることでその関係性を再構築する、ということ。

その引き金は各々の恋心ですが、おそらく当初期待されたような恋愛模様が描かれるということはないです。(きっとやっぱりここの制作会社の前作のような三角関係なんかが印象づけられてたのかな…)

シーンの中には「好き」と言って告白する部分もありますが、そこはあまり重要ではないのです。このアニメでは表面だけの言葉ではなく、気持ちの中身が常に表現されています。

台詞や行動をストーリーや関係を動かすための説明にせず、人と人との間でなされるありふれた普通の会話であったり、その関係の中で内面を表現するために描いているのです。

まあその会話や行動もちょっとクサい部分があったりするけど、それもまた思春期ならではなのかな…と。

自分がどうしたいか分からないままで行動しちゃうなんてこと、いくらでもありますしね。

 

だんだんと「感じたことを共有したい」「分かり合いたい」という気持ちで彼らは向き合うようになっていきます。

会話や行動もほとんどこの根っこから繋がっているように見えます。

祐が幸の本を読みメールを受け取ることも、やなぎが雪哉のランニングコースを走ったことも、透子が駆の孤独を"体験"したのも、他のいろいろも、お互いを分かりたいからなのです。

「分かりたい」って好きってことなのかな。

お互いの距離が近付いたり離れたり、その過程で自分自身とも向き合ったり、体験を共にしたり。葛藤して、自分が変わって、関係も変わって、いわば一夏の成長物語。

 

一番引っかかりそうな、超常現象的な要素というか、透子と駆の能力についてですが、これはもうこの二人を引き合わせて関係を深めるための共通点くらいのつもりで私は捉えています。確かに作中で大きな部分を占めている要素ではあるのですが、その方がややこしくないです。

明確に回収される伏線があるでもなく、設定的な意味での説明があるわけでもないので、そういうことに常に気を張っているような見方をすると拍子抜けしてしまうこともあるかと思いますが、私はこういうところが好きです。

つまり駆が透子に説明したことも、単に駆がそう思っているに過ぎないということですし、透子にも思い込みはあると思いますが、そうやってこの二人にしかないものを二人が共有し始めることによって距離が縮まってますから、そういうことだと思います。

 

総括すると、解釈が色々あっていい作品だと思っています。

ラストシーンなんかはまさしく視聴者の判断に任されていたようなものでしたし…

深い難しい考察をするのも、私みたいにただ共感から感想を紡ぐも、アリだと信じて。

 

朝起きて、どこかへ行って何かして、帰って寝る、早く起きちゃう朝もあるし、家に帰らないなんて日も…という夏休みらしい日々の送り方は清々しいし、ところどころで流れるショパンやリストはとても馴染んでいるし、何より「分かり合いたい」という彼らの気持ちそのものは私も10代の頃抱いていたもので、共感しました。

10代の若い恋愛といえば衝動的なものが想像されることも多いですが、私はこの「分かり合いたい」という静かに内で燃えるスタンスもリアルでとてもらしいものだと思いますし、彼らのそれはとても美しく見えました。

中でも駆と透子が出会い、「未来の欠片」のことを通して、惹かれ合う、(恋が何かは分かっていたつもりだけど)、それが「好き」かどうかは分からない、言葉にはしないけど確かにある関係、移ろっていく関係、その流れるような様子が、見ている方には少しむずがゆいけど、美しいのです。

 

絵や動きは全体的にとにかく綺麗で特に風景なんかは本当に心を動かされます。

余談ですがただ、やなぎのダンスレッスンのシーンだけは何とかならんかったんかと初めて見たときから思っています。止め絵でもいいからもう少し実在の動きをしていて欲しかった。ダンスを扱うアニメ以外のダンスシーンのアレさ…(いや仮にアイドルアニメでもCGダンスシーン以外は…ってこともあるか)

それから劇伴も素晴らしいです。中でも弦楽四重奏がとても美しい。

松田彬人の「TVアニメ「グラスリップ」オリジナルサウンドトラック 音楽の欠片」を iTunes で

 

あとChouChoのOPも最高です。


[Official Video] ChouCho - Natuno Hito Kiminokoe - 夏の日と君の声

私は氷菓も大好きだったんですが青春ものと彼女の歌は本当にしっくりくる…

 

うまくまとまらなかったけど、こんな感じで、私はこの作品が好きです。

3.ポアントの話つづき

バレエ

セレナーデ以外にも履いたことのある数少ないポアントをご紹介。

 

まずはカペジオのコンテンポラ。

以前タイの洪水(ブロックは工場がタイにある)の影響でブロックが品薄になったときに店員さんに相談して代わりに買ったのがこちら。

f:id:nikuchicken:20160603173438j:plain

もう写真を見ても分かるけど甲高で幅が狭い。

 

f:id:nikuchicken:20160603173713j:plain

残念なことに、次の日他のお店に行ったらブロックまだ置いてあったという。

コンテンポラ、めっちゃ親指の付け根の骨がめり込んだ跡があります。

全然形が合わなくて、水を付けながら頑張って慣らしたのです…

 

f:id:nikuchicken:20160603173810j:plain

引っ張り出してきて履いてみたところを撮影。素足で失礼。

左がコンテンポラ、右がセレナーデです。

左、めっちゃキツくて足の裏にシワがよってます。一応お店で試してから買ったのにね…

 

ちなみにこの間のブロック難民のときも店員さんにコンテンポラ勧められたので断りました。

この二つの靴、全然タイプ違うと思うんですが、なぜこればかり勧められるんだろうなあ。カペジオ他にもっと先広の靴あるのに…人気シューズという共通点からでしょうか…

 

シューズ自体の感想としては、ソールは柔らかいけど、トウ先だけは固くて結構音もしてしまうかな、というところです。比較的前に押し出されてカッチリ立てました。

余談ですがこのときプラットフォームかがりに挑戦してみてお気に入りの刺繍針を折ってるので、もう二度とやらないと誓った思い出があります。

 

 

次にサンシャの303、Partenaire(パートナー)です。

これは一番メジャー(おそらく)な202(リサイタル)の同じ形の固いバージョンだったはず。

f:id:nikuchicken:20160603175014j:plain

形が似たタイプかな?と思って、安いし試しに履いてみるかって買ってみました。

ブロックばっかり履いてた人間からすると、新品は最初びっくりするくらい固くて、大丈夫か?!って思っていました。

 

f:id:nikuchicken:20160603175051j:plain

セレナーデと新品同士を並べたところ。W幅めっちゃ広い。

 

f:id:nikuchicken:20160603175237j:plain

左が303、右がセレナーデです。

結論から言うと、ヴァンプが長くて痛かったです。

 

引き紐がゴムなのですが、それでも余るくらい幅があるというか、指の付け根の骨あたりから余裕があります。

シャンクの中程のあたりに曲げても全く曲がらない固い素材が入っていて、個人的に嫌だなあと思いました。

よくサンシャは音が静かだって言われますけど、サテンのすぐ下に若干弾力のあるような素材が入ってる?のかなと思います。ちなみにそれとサテンがぴっちり接着されていて、トウ先の布を剥がせませんでした。

 

あと始めから片方だけ縫い付けられてるかかとゴム、その縫い付けられている方が途中でボロボロになってきて透明のやつがチクチクしました。私が縫い付けた方は問題なかったぞ。

安いのに靴袋もリボンも付いてくるとかいう親切設定なのに、肝心のリボンも両面光沢で気に入らないし…残念なシューズでした。

2.ブロックを履くに至るまで

バレエ

中学生くらいまでの間はチャコット製品を履いていました。

そもそもポアントってものがイマイチ分かってなかったし、どう試行錯誤をするものなのか、他にどこで買ったらいいのかも知らなかったんですよね。

 

大抵いつもベロネーゼ2かスワンって感じで、ベロネーゼはD幅で入っていたんですが、スワンはEとかEEとか、サイズ選びも安定してなかったです。

スワンの方が当時も「ベロネーゼより合ってないかも…」という自覚はあった記憶があります。ベロネーゼは立ちやすい(=楕円寄り)、スワンは回りやすい(=円寄り)みたいなことも思ってた気がする。

他の靴を試そうにも、この幅の広い足が引っかかってまず靴の中に入らないので、当時出たてだった(気がする)CODEも履けなかったです。

 

それで再開するにあたってまたポアントを選びに行ったとき、形としてはベロネーゼが合うんだけど、糊付け部分が浅いし、ソールもぺらぺらで、強度に不安がありました。

体重もそれなりにあるし、脚もマッチョ…何しろ青春を部活に捧げたゴリラなので。

そのときたまたま店員さんが出してくれたのがブロックのセレナーデで、すんなり入って、使っててもどこも痛くならないし、サイコー!ということで今に至ります。

そのとき確かギャンバも出してくれたような気がするけど、見た目が気に入らないみたいな理由で却下してたはずです(笑)。

 

ブロックについての私の印象は、とにかく軽くて、なじみやすくて、わりと潰れるのが早い。

週に1〜2回しか履いてなくても、短時間であっても、1ヶ月ちょっとでダメになっちゃうときがある。

固い靴だって認識の店員さんもいますけど、私はそうは思わないかなあ…ボックスも薄い方だなって気がするし。確かにソールに厚みはあるけど、外国製は大抵どれも厚いですよね。

あと私は足首が固いので、あまり前に押し出してこないこの靴は楽です。

調べたら「後重心」って分類されたりするみたいです。

プラットフォームの面出しが他の靴より曖昧(エッジに丸みがある)なのもこの楽さの理由かもしれません。

本当は前にキッチリ乗れる靴で矯正(?)した方がいいのかもしれないけど、例えば立ちやすいと言われる3/4ソールの靴なんかは足首が固い人は踵が引けた状態で立っちゃうから良くない、なんていう説もあるようですね。

人によってはこのブロックも踵の釘を抜いたり、ソールの踵部分を切ったりして履かれる場合もよくあるみたいですけど、私はとにかく少しでも長持ちして欲しい!って気持ちでいるので(笑)、加工はしません。

滑り止めの皮を貼るのが面倒で、プラットフォームのサテンを切り取るくらい。

 

あ、あとボックスにハードナーは流します!

流すというか刷毛で塗ります。

今までは履き始める前に一度、慣れてきた〜潰れかけてきた頃にもう一度、という感じでやっていたのですが、最近は最初に2回流しておく方が固さ的にいいかも、と認識を改めました。

昔はそれじゃ固すぎるって思ってたんですけど…

最近では昔履き潰したものに三度目のニスを流して(部分によっては瞬間接着剤も使い)、再び履くなんてこともしました。

貧乏性なので潰れててもわりと履いてしまう方です…

 

買ったときになんかつい撮っちゃう癖があるみたいで、新品の写真が何枚かあったので載せます。

 

f:id:nikuchicken:20160529202114j:plain

f:id:nikuchicken:20160529202123j:plain

f:id:nikuchicken:20160529202132j:plain