読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画プリパラ前売り券を買ったのでプリパラデビューした

アニメ ゲーム

映画『プリパラ み〜んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ』

pp-movie.com

 

その前売り券にはゲーム筐体用のアイテム”プリチケ”がついています。

特別興行ということで映画館の割引が適用されないらしく、いつ見ても大人一律1500円とのことなので思い切って前売り券を買ってみました。

そしてプリチケを手に入れたのなら使ってみたい…!

というわけで先日、今更ながら筐体デビュー。

 

 

「はじめてあそぶ」モードではプリチケを使わずとも選択したキャラクターに合わせて勝手にお洋服を着せてくれるそうなのですが、せっかくなのでこの前売り券のアイテムを使ってみることに。

本来ヘアアクセ・ワンピース(トップス・ボトムス)・靴の全身がコーディネート対象なので、ワンピース一枚着せても何だかもの悲しい。そして初回で排出したアイテムは靴でした。

 

なので次はゲームに任せてみよう、と思ったら、二回目からは勝手にお洋服を着せてくれるというようなことはなく、レッスン着(体操着?)のままのキャラクターが出てきてしまった。これが一番のショックでした。

2、3度繰り返してみましたが、アイテムはバラバラに出てくるのでコーデもへったくれもないという状態。

 

そこで、一度に全身のコーディネートが出てくるという200円の「ドリームシアターライブ」をやってみることにしました。以前は通常モードを3回遊ばなければ解放できなかったという「ドリームシアターライブ」も今は最初から選べるそうです。

これを一度やって、全身の統一感のあるお衣装を手に入れると、それなりに見栄えが良くなるということが分かりました。もっと早く気付くべきでした。

 

ここまでで初回はこのくらいだなと予定していた額に達してしまったのでおしまいにしました。

 

ゲームをやればアニメで見えなかった部分の振付なんかも見えるかな、と思ったけどリズムゲームをこなすことで精一杯だったり、まだ「ガチャチケ」など試していないこともまだありますし、楽曲とアイテムのタイプ(?)のようなものを揃えたりトモチケを使ったりと、私が理解していなかった要素もまだまだあります。

こんな風に反省点も浮かんできたので早速ハマってしまいそうです。恐ろしいので次回プレイまではもう少し時間を置こうと思います。罪悪感が湧いてくるので…

店舗によってはプレイを録画できる機器が置いてあったりするそうで、ゲーム・プリパラ、大人にとっても奥が深そうですね…