読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロックを履くに至るまで

中学生くらいまでの間はチャコット製品を履いていました。

そもそもポアントってものがイマイチ分かってなかったし、どう試行錯誤をするものなのか、他にどこで買ったらいいのかも知らなかったんですよね。

 

大抵いつもベロネーゼ2かスワンって感じで、ベロネーゼはD幅で入っていたんですが、スワンはEとかEEとか、サイズ選びも安定してなかったです。

スワンの方が当時も「ベロネーゼより合ってないかも…」という自覚はあった記憶があります。ベロネーゼは立ちやすい(=楕円寄り)、スワンは回りやすい(=円寄り)みたいなことも思ってた気がする。

他の靴を試そうにも、この幅の広い足が引っかかってまず靴の中に入らないので、当時出たてだった(気がする)CODEも履けなかったです。

 

それで再開するにあたってまたポアントを選びに行ったとき、形としてはベロネーゼが合うんだけど、糊付け部分が浅いし、ソールもぺらぺらで、強度に不安がありました。

体重もそれなりにあるし、脚もマッチョ…何しろ青春を部活に捧げたゴリラなので。

そのときたまたま店員さんが出してくれたのがブロックのセレナーデで、すんなり入って、使っててもどこも痛くならないし、サイコー!ということで今に至ります。

そのとき確かギャンバも出してくれたような気がするけど、見た目が気に入らないみたいな理由で却下してたはずです(笑)。

 

ブロックについての私の印象は、とにかく軽くて、なじみやすくて、わりと潰れるのが早い。

週に1〜2回しか履いてなくても、短時間であっても、1ヶ月ちょっとでダメになっちゃうときがある。

固い靴だって認識の店員さんもいますけど、私はそうは思わないかなあ…ボックスも薄い方だなって気がするし。確かにソールに厚みはあるけど、外国製は大抵どれも厚いですよね。

あと私は足首が固いので、あまり前に押し出してこないこの靴は楽です。

調べたら「後重心」って分類されたりするみたいです。

プラットフォームの面出しが他の靴より曖昧(エッジに丸みがある)なのもこの楽さの理由かもしれません。

本当は前にキッチリ乗れる靴で矯正(?)した方がいいのかもしれないけど、例えば立ちやすいと言われる3/4ソールの靴なんかは足首が固い人は踵が引けた状態で立っちゃうから良くない、なんていう説もあるようですね。

人によってはこのブロックも踵の釘を抜いたり、ソールの踵部分を切ったりして履かれる場合もよくあるみたいですけど、私はとにかく少しでも長持ちして欲しい!って気持ちでいるので(笑)、加工はしません。

滑り止めの皮を貼るのが面倒で、プラットフォームのサテンを切り取るくらい。

 

あ、あとボックスにハードナーは流します!

流すというか刷毛で塗ります。

今までは履き始める前に一度、慣れてきた〜潰れかけてきた頃にもう一度、という感じでやっていたのですが、最近は最初に2回流しておく方が固さ的にいいかも、と認識を改めました。

昔はそれじゃ固すぎるって思ってたんですけど…

最近では昔履き潰したものに三度目のニスを流して(部分によっては瞬間接着剤も使い)、再び履くなんてこともしました。

貧乏性なので潰れててもわりと履いてしまう方です…

 

買ったときになんかつい撮っちゃう癖があるみたいで、新品の写真が何枚かあったので載せます。

 

f:id:nikuchicken:20160529202114j:plain

f:id:nikuchicken:20160529202123j:plain

f:id:nikuchicken:20160529202132j:plain